土地オーナー  テナント企業サブリースシステムを利用し土地の有効活用成功事例 ケーススタディ#01

鉄工所オーナーが所有する門真市内の空き工場・事務所の有効活用を模索…。

現状分析と問題点

某鉄工所オーナーが所有する門真市内の工場・事務所に空きができたが、築25年を経過し、ほとんど手入れをしていない状態。 前テナントの某大手フォークリフト販売店がオーナーに依頼し、オーダーにて建築をした物件のため、敷地350坪に倉庫・事務所が140坪と建物が小さく、空地部分が多い贅沢な物件。ニーズが非常に限定されるため、テナント誘致が難しい。

門真市内の空き工場・事務所
ポイント1
土地オーナー様に代わり、大倉のネットワークを駆使することで
マッチングする企業様の誘致に成功!
土地オーナー
テナント企業

期を同じくして(某大手サッシメーカーの販売店)倉庫・事務所100〜150坪、駐車台数30台以上という条件の物件候補地を探しており、非常にニーズが限定されている物件に関わらず、大倉の豊富な経験とネットワークを駆使することで、条件にマッチングする企業様の誘致に成功。

ポイント2
所有物件を、サブリースシステムにより一括借り上げししたため、
長期的な安定収入の確保が可能に!
土地オーナー

所有物件をサブリースシステムにより、大倉と賃貸契約を結び一括借り上げすることで、長期的な安定収入の確保が可能になったのと、テナント企業様と直接契約を結ばないため、不必要なトラブルなども軽減につながりました!

ポイント3
候補地探しに煩わされることなく、理想的な拠点を確保できたのと、
リース契約のため、初期費・自己負担が軽減されました。
テナント企業

非常に限られた条件での候補地探しであったため、難航するのが予想されていたにも関わらず、結果早い段階での候補地の決定には驚きました。また探していた条件にぴったりの物件であったため、改築などの手間や、費用がかからず、コスト削減にもつながりました。

土地オーナー・テナント企業双方に経営負担の軽減などメリットのある結果に!

この事例の中で利用されたサービスの詳細についてはこちらから

  • サブリースシステムサービス詳細はこちら
事例一覧
  • CASE STUDY #01
  • CASE STUDY #02
  • CASE STUDY #03
  • CASE STUDY #04
  • CASE STUDY #05
page top