1978:マテハン事業部開設「輸送業界の古い体質に挑む」

強い危機感からの、ダイソーの最初の試み

未成熟な運送業界では、高度成長期特有の慢性的な人員不足を背景に売り手市場の商習慣に安住。顧客は限られた選択肢しか持てない状況に甘んじていた。
さらに典型的な労働集約型産業である運送業界では、コストアップをすべて荷主に転嫁することが当然との考えが罷り通っていた。そんな体質に木村は強い危機感を抱いた。

お客様と運輸会社双方にメリットのある輸送システム

ダイソーの最初の取り組みは、この古い業界体質への挑戦から始まった。それは、お客様の立場で輸送システムを構築しお客様と運輸会社の双方にメリットのあるかたちで高効率化と低コスト化を実現することであった。

DAISO DIGEST
閉じる