年代

1973年株式会社大倉創業 1974(S48) 1975(S49) 1976(S50) 1977(S51) 1978年運輸事業部開設 1978年マテハン事業部開設 1979年倉庫開発事業部開設/物流不動産事業部開設 1980(S55) 1981(S56) 1982(S57) 1983年物流コンサルティング事業部開設 1983年物流サービス研究会発足 1984(S59) 1985年物流情報サロン開設/本社移転 1986年潟vランニング大倉創立 1987(S62) 1988年東京営業本部開設 1989年佐野事業所開設 1990年潟Zンチュリーダイソー設立 1991(H3) 1992年CI導入 1993(H5) 1994年流通店舗事業部開設/流通店舗企画室開設 1995(H7) 1996年静岡支店開設 1997年(有)泣_イソーシステム設立(静岡) 1998(H10) 1999(H11) 2000年ホームページ開設 2001年イーソーコ運営開始 2002(H14) 2003年潟Aドバンスダイソー設立 2004(H16) 2005(H17) 2006(H18) 2007年関西イーソーコ運営開始 2008(H20) 2009年ホームページリニューアル 2010(H22) 2011(H23) 2012(H24) 2013(H25)
1973(S48)

時代を読む力

株式会社大倉の歴史は昭和48年10月。大阪市旭区に事務所を構えてのスタートであった。

社員は3名だったが、物流の総合商社という新たなビジネスの開拓に情熱を燃やしていた。

詳しく見る
1978(S53)

輸送業界の古い体質に挑む

運輸事業部と同時に、マテハン事業部を開設。

企業の物流業務を受託するビジネスを本格化。
翌年に勃発した第二次石油ショックによる企業の合理化ニーズに応えて急速に業績を伸ばすことになる。

詳しく見る
1978(S53)

安心と信頼のネットワークづくり

限られた車種しか持たない運輸業者では、それぞれのニーズに応えるフレキシビリティーがない。
それなら、業者を固定せず、お客様のニーズに合わせ運輸会社をコーディネイトする。
時代のニーズ、受注量に対応するため事業部制を導入し物流拠点作りを展開。

詳しく見る
1979(S54)

倉庫開発事業部

昭和54年9月、旺盛なサブリースシステムによる倉庫の需要に応え、潤沢な供給を確保するために倉庫開発事業部を設立。
併せて、自社保有を望む企業や売却を希望するオーナーを仲介する物流不動産事業部も開設。

1983(S58)

サブリースシステムの開発

専門家が現状を分析し、適正化や合理化の施策をお客様の立場にたって企画・立案。併せて提案実現のためのソフト・ハード面も提供する。

詳しく見る
1983(S58)

物流サービス研究会

物流コンサルティング事業部が、情報交換とサービス向上を目指して結成した研究会。
百数十社の運輸会社がメンバーとなり、セミナーや懇談会を開催したほか、機関紙も発行していた。

1985(S60)

人と情報の交流ステージを創る

本社移転を契機に本社内にサロンスペースを設け様々な分野の人たちが集まり、情報交換や意見を交換する情報サロンの定期開催が始まる。

詳しく見る
1986(S61)

アウトソーシング事業の先駆者として

物流部門のアウトソーシングが加速する流れを受けて、マテハン事業部が独立。システム構築から、業務代行まで、ソフト・ハードの両面から企業の物流を総合的にサポートする。

詳しく見る
1988(S63)

関東地区でのサブリースシステム物流拠点

関東地区でもサブリースシステムによる物流拠点づくりのニーズが高まったことを受け、東京神田に営業拠点を新設。
東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木の都県下で物流拠点づくりを展開。

1990(H2)

総合的顧客サポート体制への道

グループ企業との連携により、新規事業の立ち上げを考えている企業家や新規出店による業務拡大を図ろうとする企業・事業家の方に対して、店舗開発支援事業を展開。

詳しく見る
1992(H4)

愛称は「ダイソーアロー」

株式会社大倉

創業20年の節目を前にシンボルマークと書体を一新。物流の総合商社としてのアイディンティティの確立を図る。社名の頭文字「D」をモチーフにしたシンボルマークの愛称はダイソーアロー。

1994(H6)

商業施設開発分野に進出

倉庫のサブリース分野で培ったノウハウを活かし土地や建物を提供するだけでなく、商圏調査や業種業態提案から施設づくりまで手がけるトータルプランナーとしての活動を目指し、流通店舗事業部と併せて、流通店舗企画室も開設。

1996(H8)

大阪・東京に次ぐ第3の営業拠点

静岡県下でサブリース事業を展開すると共に翌年には、関連会社となる、泣_イソーシス テムを設立し、物流業務の代行ビジネスも始める。

2000(H12)

情報のデジタル化とメディアの多様化を促進

物件情報をはじめ、地域や市場の情報など、長年にわたって蓄積した豊富なデーターを有効活用する一環として、物件情報などを提供するホームページを開設しメディアの多様化を促進

2001(H13)

WEBによる物流不動産物件の迅速な提供

倉庫を貸す/借りるための究極のWEBソリューション「関西イーソーコ.COM」を運営。閉鎖的な倉庫業界に情報のやりとりによる、ビジネスチャンスを創出。多様化する土地オーナー及び荷主のニーズにフレキシブルに対応。

2003(H15)

優れた「人材」と「技術」を迅速的確に供給

戦略的かつ効率的なマルチタスクソリューションので多様なビジネスをサポート。

企業様の視点に立った独自の人材育成プログラムによって他社とは違う高いスキルを持った人材を派遣。

詳しく見る
2009(H21)

DAISO FUTURE

業際を越えたあらゆるネットワークで成功に直結する競争力の高いビジネスモデルを構築する株式会社大倉では、お客様にとってより有益でわかりやすい情報の提供と、新たなビジネスチャンスの提供の場を目指してHPをリニューアル。